人気のソーラーパネルメーカー、ソーラーフロンティアとは?- 太陽光発電のメリットとデメリット!本当に儲かる?2014年最新版

人気のソーラーパネルメーカー、ソーラーフロンティアとは?

現在、ソーラーパネルはシリコン系太陽電池を使用して作られるのが主流で、 非シリコン系のCIS太陽電池を使用しているのは、唯一ソーラーフロンティアだけです。

研究開発に時間を要したため、シリコン系太陽電池よりも遅れて登場したCIS太陽電池ですが、 CIS太陽電池には、シリコン系太陽電池にはないメリットがたくさんあります。

従来から、ソーラーパネルは熱に弱いとさことがデメリットとされてきましたが、
ソーラーフロンティアは熱に強いCIS太陽電池を使用しているため、真夏の高温時でも発電量の低下を抑えることができます。

また、主流のシリコン系太陽電池のソーラーパネルは回路が直列であるため、ソーラーパネルの一部が影になっただけでも唯一の回路が断たれたことになり、パネル全体の出力が落ちてしまいます。
一方、ソーラーフロンティアのCIS太陽電池の回路は並列であることから、一部の回路が影になっても他の回路が使用できるため出力は保たれます。

一日中同じように見える日光ですが、時間帯によって波長の長さ成分が違います。
そのうち朝夕の波長は長くい成分が多く、長い波長成分を苦手とするシリコン系太陽電池のソーラーパネルは発電量が落ちます。
しかし、CIS太陽電池は、長い波長成分も効率よく吸収して発電することができます。

以上のことから、太陽光を少ないプロセスで電力に変換できるシリコン系の太陽電池と比べてCIS太陽電池は変換効率が低いとされながらも、 実際の発電量を表す実発電量は、CIS太陽電池の方が多いという結果が出ているのです。
人気の理由がわかりますね。

さらには、太陽光を浴びることで発電量が日に日に伸びていくという不思議な特性も。

これは、この先も大注目のソーラーパネルですね。