復興に向けた再生可能エネルギー倍増計画

東日本大震災の際大きな被害を受けた宮城県の太平洋沿岸地域で、豊富な日射量を閉経にメガソーラーシステムの建設が相次いでいます。

災害に強い街づくりを目標に、様々な復興プロジェクトが進行しているようです。例えば宮城県の岩沼市では、「千年希望の丘」と呼ばれるプロジェクトがあります。瓦礫を活用して丘を造成しました。

その丘は、沿岸部を津波から守る構造になっています。その丘の一角には、大規模なメガソーラーを建設する予定です。災害時にも、電力供給をストップさせないための様々な取り組みがいま、行われています。

以前、あるテレビ番組で「復興」と「復旧」の違いは?と言うテーマで討論が行われていました。

簡単に言うと「復旧」は「元の状態に戻すこと」で「復興」は「以前よりもさらに発展させること」でした。

今回、このニュースでは「復興」プロジェクトの一環として、太陽光発電を含む再生可能エネルギーに関する内容を扱っていました。

被災地の「復興」を、太陽光をはじめとする再生可能エネルギーで行っていくこと。そうした取り組みを続けていくなら、悲しい震災ではあったものの、人類としてより多くのことを学べるのではないかと思います。

参考:http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1405/07/news019.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>