太陽光発電と栽培を同時に

山形県は、太陽光発電と農作物栽培を同時に行う「ソーラーシェアリング」の導入をにらんで、その実験を開始することにしました。

「ソーラーシェアリング」とは、農地の有効活用に役立たせるため、農地に立てた支柱に太陽光パネルを設置し手発電を行います。当然のことながら、太陽光発電パネルによって影ができますが、パネルの角度を調整することにより、その影響を最小限に抑えることができるようです。この「ソーラーシェアリング」を1000平方メートルの面積で行うと、年間200万円ほどの売電利益を生み出すようです。

こうした取り組みによって、農家の収入が安定するだけでなく、太陽光発電をはじめとする、再生可能エネルギーの更なる浸透につながるのではないかと思いました。こうした取り組みによって、耕作していない時期にも、あいた農地を使い収入を得られるというのは、農家の皆さんにとっても強みになるのではないかと思いました。安定的な収入が得られると、個々の農家だけでなく、日本の農業の発展にもつながるのではないかと思います。

引用:http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/yamagata/news/20140305-OYT8T01474.htm

 

太陽光発電 メリット デメリットへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>