太陽光発電 市有地活用に疑問の声

北秋田市では遊休市有地をメガソーラーシステムの設置に向けて、多くの市有地で誘致を行っています。しかし、その遊休市有地活用に疑問の声が上がっています。簡潔に言うと、太陽光発電設備の誘致ではなく、本来の工場誘致を推し進めるべきだ、と言うのです。理由は雇用創出です。太陽光発電はほとんど人出がかかりません。少し乱暴な言い方になりますが、ひと度設置すればあとはほっておいても勝手に発電してくれるというわけです。つまり雇用創出には直結しません。その点、工場誘致に成功すれば、当然働き口が増えます。

確かに市有地にメガソーラーを設置しても、市民が直接、益を得て得をしたという実感があまり感じられないのかもしれません。太陽光発電はもちろん地球環境の保全に役立つので、直接関係があるのですが、実感としては感じられないのも、また事実だと思います。実感がなければ、協力や理解も得にくいのが現場でしょう。それで、太陽光発電によって得られた利益を、地域住民にわかりやすい仕方で、かつ生活に直結する仕方で還元することが必要だと思いました。

引用: http://www.sakigake.jp/p/akita/news.jsp?kc=20140304k

 

TOP 太陽光発電 メリット デメリットへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>