農業との共存を考えた太陽光発電

東京ビックサイトで開催された「スマートエネルギー WEEK 2014」において、様々な再生可能エネルギーの可能性を見ることができます。例えば「みえるーぷ」と呼ばれる発電量を遠隔地からでも確認できる製品があります。太陽光発電の強みのひとつは故障が少ないことです。しかし、それでも植物の葉っぱや、何らかのごみが覆いかぶさると、当然ながら発電量が落ちます。それをスマートフォンなどの電子機器を用い、見回りをせずとも異常を確認できるシステムです。また他にも、農業との共存を可能にする「空中型 ソラシェア」と呼ばれる製品も展示されました。

この製品は、太陽光パネルを地上3,7メートルの位置に設置し、設置した後も農業機械が行き来できるように、支柱の感覚も広めにとってあります。農作物に当たる太陽光もさえぎらないように、パネルの角度を簡単に操作できるようです。このように、農作地で発電した再生可能エネルギーを、農業機械などに用いることにより、環境にもクリーンな農業が可能になるようです。最近では有機野菜のように野菜の品質にこだわる人が多くなってきました。しかし、消費者として私たちは、野菜そのものの品質だけでなく、農作物を作る過程の品質にも注目していくべきだと考えさせられました。

引用:http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1402/26/news010.html

 

TOP 太陽光発電メリットデメリットへ戻る

 

TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>