宇宙太陽光発電(SSPS)について

普通の太陽光発電は、太陽の光を地上で受け取り、それを電気へと変換するというものです。

しかし、その太陽光を地上ではなく、宇宙で受け取ろうとする発電方法があります。それが、宇宙太陽光発電(SSPS)です。

単純に考えて、太陽により近いほうが多くのエネルギーを集めることができるのでしょう。加えて、地上とは違い、宇宙で太陽光を集めると、夜昼の区別はありませんし、天候や季節に左右されることなくエネルギーを集めることができます。

それゆえ、この宇宙太陽光発電は、地上で行う太陽光発電よりも、約3倍以上、発電効率が良いようです。宇宙で発電したものをマイクロ波に変えて地球に送りますが、この送電方法は地球の気候に関わりなく、減衰することなく地上に到達します。

これだけを聞くと、なんとすばらしい発電方法だと思ってしまいますが、問題も山積みだと思います。

もちろん技術的な問題を挙げていけばきりがないとは思いますが、一番は経済的なものではないでしょうか?この発電方法の予算は1兆円とも2兆円とも言われています。

採算が取れない、とアメリカを始め各国はこの宇宙太陽光発電から撤退しているようです。もちろん、クリーンエネルギーを確保することは重要で必要不可欠ですが、国民の日常の生活とのバランス感覚の必要を強く感じました。

引用:http://nikkan-spa.jp/590292

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>