2月13日 南アフリカが再生可能エネルギーの最前線へ!!

つい先日、国連環境計画(UNEP)によると、南アフリカ共和国が再生可能エネルギーへ、年間で570億ドルもの投資をしていると発表しました。この投資額のうちのほとんどが、太陽光発電に充てられるとのことです。石炭による電力供給に依存しているアフリカ諸国が、その石炭依存からの脱却を目指し、太陽光発電を含む再生可能エネルギーの供給に取り組んでいます。その最前線となるべく、南アフリカ諸国に多くの企業が興味を示しているようです。

 

アフリカというと、まだまだ最貧国、発展途上国だらけの大陸です。しかし、確実にこれから発展していく地域なのは間違いありません。これからのアフリカの急速な発展を支える上で、クリーンな電力供給はどうしても避けては通れない問題でしょう。「環境保全」と、アフリカの諸国の「経済的発展」。この両立を図るためには、太陽光発電をはじめとする、クリーンエネルギーの供給が絶対不可欠だと思います。 こうした点で、先進国に住む私たちは、経済的、技術的援助を行うことを忘れてはならないのではないでしょうか。

 

引用:http://www.africa-news.jp/news_19vVOEmSE.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>