10月23日 太陽光発電導入を支援する“浜松市ソーラーセンター”がオープン

太陽光発電導入を支援する“浜松市ソーラーセンター”がオープンしました。

遊休地の情報や、事業者に手続きのアドバイスなどができる専門の相談員をおいた施設です。要するに、ここに行くだけで簡単に太陽光発電の設置を目指せる場所です。ちなみに浜松市は、過去5年間の平均日照時間が全国一だそうです。

太陽光発電は新事業なので、事業者はもちろん、建設業者も初めての経験の人が多いと思います。対応を、あまりわからない市の職員がするのではなく、専門の相談員がいることで、事業者は安心できます。日照時間もよく、太陽光発電の導入のための条件はいい方だと思います。

日照時間と言えば、太陽光発電所の建設現場の夏の暑さは尋常じゃありません。日の出から日の入りまでずっと日差しを浴びています。太陽光パネルもパネルを取り付ける鋼材も目玉焼きが焼けるほどというより、焦げるほどの暑さになります。この熱、エネルギー、もったいないな、どうにか使えないものか…、そうして考えられたのが太陽光発電だと思います。一度、夏の現場に行ってもらえればその気持ち分かりますよ。

 

参考URL  headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131023-00000006-at_s-l22

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>