電力販売の市場自由化について

今まで、長年にわたって電力会社だけが独占的に電気を小売していました。従来は、電気の小売、発電ともにごく少数の電力会社だけが行うことができていましたが、2000年から行われている段階的な市場自由化によって、あとは家庭用の低圧電力だけとなります。

2016年から家庭用電圧の小売も自由になるようです。「小売全面自由化」になります。売電市場が完全に自由化することにより、多くの事業者が参加できるようになり、価格競争によって電気料金が下がることが期待されています。

もちろん、様々な問題点はまだあるのかもしれませんが、消費者にとってはよいニュースなのではないでしょうか?

電力市場が完全に開放され、健全な価格競争がなされていくのは非常によい傾向だと思います。

他の会社よりも多く顧客を獲得するため、また、より会社として利益を上げていくため、自由な発想に基づく発電技術の向上が見込めるからです。

今の携帯会社の「乗り換え割」のような価格競争が活性化していけば、わたしたち消費者にとっても選択の幅が広がっていくのではないかと思います。

参考:http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1405/01/news014.html

 

太陽光発電メリットデメリットへ戻る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>