脱原発について

最近、都知事選で話題になった脱原発についてまとめてみました。

脱原発を唱える最大の理由はやはり安全性です。

福島の原発事故のその被害の甚大さをみると地震大国日本で原発を稼働するリスクはかなり大きいと思います。

しかも既に一兆円以上投入したといわれる高速増殖炉の原発のリサイクル燃料化は目途も立たず、使用済み核燃料の処理施設の建設予定地も実質白紙状態ではこれ以上原発に頼ることは今の世代への責任というよりも後世、未来に対する責任を考えると脱原発の方法へ舵を取るべきだと考えざるえないと思います。
しかし経済性の問題も現実には立ちはだかります。

今の社会で電気を削減することは経済活動を抑制することにもつながり、経済が不調になれば日本の政治は再び原発再稼働論が強まるのは目に見えている気がします。

そして、各家庭が省エネ家電を使用してもそのエネルギー消費の削減効果は少なく、むしろ自然エネルギーの活用で賄える省電力ではなく、北欧のような小規模小電力型の社会を目指すといった都市計画や大胆な政策転換が必要かもしれません。

 

Back to 太陽光発電 メリット デメリット

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>