ソーラーシェアリング

「農業」と言うと、多くの方は収入の不安定さ、と言うイメージがあるかもしれませんが、太陽光発電によって、安定的な収入を得れるようになり、人気の職業になるかもしれません。農業に先進的な技術を導入し「儲かる農業」を目指す動きが見られるようです。そのひとつが「ソーラーシェアリング」です。

「ソーラーシェアリング」とは、農地の数メートル上空に、太陽光パネルを設置し、農業を行いながら太陽光発電による売電で収入を得る、というものです。農作物を主な収入源にし、副業のような形で太陽光発電を行う。それによって、安定的に収入を計算することができます。問題点は、日射量軽減による農作物への影響です。しかし「ソラシェア」と言う発電キットが発売され、日射量などの問題点を解決できるようです。

ソーラーパネルの角度を自由に調整できる仕組みになっており、それによって季節や時間帯に応じ、日射量を確保しつつ発電できるようです。

今回の記事にあるような「発電キット」がもっともっと身近になればよいと思います。

ホームセンターでもすぐ買えるように、人々の生活に身近なもの、かつ安価なものになっていくならば、例えば一軒家の庭先、駐車場、アパートの屋上などでも発電できるようになると思います。そのように、ある程度、採算を度外視してでも国が援助するなどし、太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーの浸透を図っていくべきだと思います。

参考:http://www.kankyo-business.jp/column/007716.php

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>