太陽光発電のメリットデメリット 個々のケースで徹底比較!

太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電のメリットとデメリットには、それぞれどのようなものがあるのでしょうか?

太陽光発電のメリットとデメリットを比較して、どちらがより大きいかを考えていきたいと思います。(10kW以上の太陽光発電(産業用太陽光発電)のメリットデメリットはこちら)


太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットとして言われているのは、主に以下のものがあります。

(クリックすると詳細ページにとびます)


太陽光発電のデメリット

反対に、太陽光発電のデメリットとしては、設置にかかる費用の大きさ、天気や陰になるものによって、日が当たらないと発電しないことなどが挙げられます。


check メリットのほうが大きくなるのはこんなケース!

ケース1 発電量シミュレーションをしたら、10年ほどで元が取れる

経済的なメリットを主に考える方は、売電収入が保証された10年以内に費用が回収できるかが、 メリットとデメリットどちらが大きいかの決め手になります。

ケース2 非常用電源のために設置したい

非常用電源にしたい、環境に貢献したいといった、採算以外の目的を主にしている人は、 太陽光発電設置に迷いがなく、メリットの方が大きいと感じられるかもしれません。

その場合でも、ご自宅にぴったりの太陽光パネルを選んだり、良い施工業者に出会うため、 見積もりや業者選びは慎重におこないたいものです。

おすすめの一括見積もりサイト


ケース3 日中の電気使用量が少ない

昼間の電気をたくさん売ることができてメリット大! 夜間の電気代を安くする「時間帯別電灯」にすればさらにお得に。

ケース4 オール電化住宅で、電気代をおさえたい

オール電化の場合、太陽光発電システムを設置することで、高くなる電気代をおさえることができます。

非常時の電源確保にもなりますし、二酸化炭素削減のためにもさらに貢献でき、オール電化のメリットをさらにのばすことができます。


check デメリットの方が大きくなるのは?

ケース1 屋根の状態が太陽光発電に不向き

北向きの屋根だったり、近くに日を遮るものがあったりすると、発電量が思うほど高くならない可能性があります。

季節によって日の当たり方が違うので、別の季節には日陰になったりしないかも要注意です。


ケース2 塩害の心配など、気候条件が太陽光発電に向かない

海のすぐそばでは、塩害で太陽光システム機器がさびてしまうところや、強風地域、豪雪地域では、 太陽光パネルの設置が難しい場合もあります。

ただ、そういった気候にも強いソーラーパネルも販売されているので、 専門業者に相談してみるとよいかもしれません。


ケース3 昼間によく電気を使う、家族が節電に協力しなそう

売電収入という太陽光発電のメリットを活かすためには、節電の努力は欠かせません。

自家発電しているからと電気を無駄遣いしていたら、電気代も安くならなかったなんてことも、 起こり得るかも…?!


check2015年の設置は得なの?損なの?

太陽光発電の設置では、かかる費用と、利益(節約できる電気代、売電収入)の比較が大事です。

各メーカーのホームページなどでも簡単なシミュレーションができますが、より正確に知るには、実際に業者に調査してもらい、見積もりを出してもらうのが一番です。

そこで初めて、自分にとって本当に太陽光発電が得になるか損になるかが分かります。


業者の見積もりをとるときには、 必ず複数業者からの相見積もりをとって、より良い業者を選ぶようにしましょう。

一括見積もりサイトを利用すると、複数の優良業者からまとめて見積もりをとることができ、比較するのに便利です。


check おすすめの一括見積もりサイト

業者から見積もりをとるには、複数業者から一度に見積もりをとれる一括見積もりサイトが便利です。

一括見積もりサイトはたくさんありますが、中でもおすすめなサイトはこちらです。

タイナビ

タイナビは、利用者数No.1、業界最安値保証の一括見積もりサイトです。厳しい基準を設けて、 選考した優良業者だけを紹介してもらえるので安心です。

↓見積もり申込みはこちら↓